齊藤コーヒー株式会社
もう一つの夜明け、その上のコーヒーを求めて。
企業価値

私たちが考えるフェアトレードコーヒーとは?

「フェアトレードとは?」 と よく耳にしますが、私どもが考えるフェアトレードをご紹介します。

私どもは、フェアトレードを実践している数少ないコーヒー・ロースターです。 ここで皆様にお話しておかなければなりないことは、「フェアトレード」 は、チャリティではないと言うことです。チャリティであればチャリティを行った、その瞬間に 「貢献」が完了しますし、「社会貢献」だけを目的とすれば、「チャリティ」はすばらしいことだと思っております。
私どもが、目指すことは、「施し」ではなく、双方がパートナーシップを結ぶことを目的としています。

私どもと生産者とは、同じ延長線上にあります。私どもの目的は、生産者の経済的自立であり、技術など様々な教育訓練には努力を惜しまず実践してきています。「フェアトレード」のすばらしさは、生産物の有機推奨、生産者の労働環境の改善、循環農業による産地の環境保全、なにより生産者の組合組織との直接取引ですから生産者と産地の情報開示がスムーズになります。「フェアトレード」は、取引そのものです。フェアトレードは、事業領域の中で、企業の社会貢献が可能となるのです。「フェアトレード」は、実際に実践をしてみないと解らないことが非常に多く、「取引」だからこそ、課題解決すべきことが多く、簡単には取り組みが成就しないのです。「フェアトレード」は、「 社会貢献 」 「 国際貢献 」 を 事業領域の中で考えることができる新しい取引の仕組みではないでしょうか。

私どもは、「 フェアトレード 」 を 事業の一環として取り組み、ビジネスとしてどう成功させるかを模索しています。大げさな話になりますが、「 国際貢献 」 「 社会貢献 」 ビジネスとして、新しいビジネスモデルの構築を行っています。

主なフェアトレード活動
 
齊藤コーヒー株式会社は、コーヒー部門において、ドイツに本部がある FLO ( Fairtrade Labeling Organizations ) から正式に Certified partner として登録された企業です。 ( ID3176 ) また、特定非営利活動法人 フェアトレード・ラベリング・ジャパン ( FLJ ) とも協調しています。 ( 2008年3月現在 )
 

ページトップ